第8回小水力発電を訪ねる旅~四国・徳島と愛媛を巡る(9/28-29)

2012年当協議会設立した年から実施している「小水力発電を訪ねる旅」も、今年で8回目となりました。
昨年の鳥取方面は、1950-60年代に建設された発電所が更新時期を迎えた、中国地方の小規模な発電所が どんな様子になっているか、見て回りました。

今年のテーマは、低圧連系規模の佐那河内発電所と、一部地域配電をしている住友共同電力さんの発電所です。
昨年の北海道ブラックアウト問題の時に、支笏湖周辺で王子製紙が保有する水力発電からの電気が 地域に配電されていた事で停電をまぬがれた例を知り、電力会社ではない民間の水力発電所が 地域民家に配電している住友共電さんの様子を見学、お話しを伺いに行こうと思います。


京都を出発して1泊2日のバス旅行でも京都にもどって来れる見学先を見つけるのが
だんだん難しくなってきました。

今年の徳島県の佐那河内村~愛媛県の新居浜市・四国中央市でも、時間行程はかなり厳しくて、 宿泊場所の選択について、費用アップするので迷いましたが、発電所に一番近いというアドバンテージを優先させていただきました。

申込用紙は下に添付しております。
今年も賛助会員のマイチケットさん(旅行代理店)が旅行企画を手伝ってくれます。

佐那河内村さん、住友共電さんには土曜日/日曜日の見学ですが、ご協力くださいました。
会員の皆さんはもちろん、一般参加の方も歓迎ですので、お誘いあわせください。
(水力発電所ってどんなもの?)と初めての方も、どうぞお気軽にご参加くださいますよう
ご案内いたします、よろしくお願いします。

****************************

【第8回小水力発電視察旅行〜(仮)徳島県・愛媛県を訪ねる〜】
日時:9月28日(土)〜29日(日) 1泊2日
集合:9月28日(土)08:15 京都駅観光バス乗り場
解散:9月29日(日)18:30 (予定)京都駅解散

旅行代金:32,000円
※旅行代金に含まれるもの
専用マイクロバス貸切料(ドライバー1名費用も)
宿泊費(3〜4名1室/朝食・フレンチの夕食)(飲み物アルコール別)
昼食代(2回)

訪問先:佐那河内村発電所・別子銅山記念館・小美野発電所・別子山発電所
マイントピア別子

最少催行人員:18名
定員    :21名(+6名)

宿泊先:『森林公園 森のゆらぎ オーベルジュ』
http://besshiyama.com/yuragi/

※この宿泊先は無駄のない行程を組むための立地条件を第1に考え選択しました。
温泉ではありませんが森林の中の宿泊施設で、フランス料理のフルコースを
お楽しみいただけます。

***********

第8回小水力申込書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です